田嶋大樹プロフィールまとめ!社会人NO.1左腕動画【2017ドラ1位候補】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

2014年春の選抜甲子園、左腕田嶋大樹は最速145kmのストレートを武器にベスト4まで勝ち進みました。その年のドラフトで上位指名確実とみられていましたが彼の選んだ道は社会人野球でした。社会人でも着々と力をつけた田嶋大樹はドラフト解禁の今年ドラフト1位確実と言われています。今回はそんな田嶋大樹投手についてご紹介します。


田嶋大樹投手の経歴!

栃木県宇都宮市生まれの田嶋 大樹(たじま・だいき)投手。 小3から宝木ファイターズで軟式野球を始め、陽西中時代は硬式・鹿沼ボーイズに所属し、佐野日大高校に進学。現在はJR東日本で活躍。

彼の名を全国にとどろかせたのは2014年春の選抜甲子園でした。初戦の鎮西高校戦に先発すると得意のストレートとスライダーを武器に12奪三振の快投を見せました。そして圧巻だったのは2回戦の智辯学園戦でした。2014年ドラフトで巨人から1位指名を受けた岡本和真選手を1安打に抑え、また2奪三振と完璧に封じ込めた。そして試合の方も10回157球で完投し、勝利に貢献した。次の試合も疲れが残る中で強豪、明徳義塾打線を11回9安打に抑え実力を見せつけました。しかし決勝をかけた準決勝では疲れが限界となり8失点で負け投手となってしまいました。試合後は体力が限界であったと話しており、これが社会人で体力向上したいと思ったきっかけになったのではないでしょうか。

社会人ナンバー1左腕、田嶋大樹投手の特徴は?

高校時代最速145kmと言われたストレートは現在、152kmにまで成長しました。そのストレートを武器にスライダーで三振を取るのが彼の投球スタイルです。その他にもカーブ、シンカー、フォークを覚え打者を打ち取ります。球速、球種も素晴らしいものを持っていますが彼の特徴は何と言っても柔らかい腕のしなりです。ストレートは常時140km台で十分速いのですが球速以上に速く感じると言われます。田嶋大樹投手を見に来たスカウトも彼の特徴に腕のしなりをあげていますので彼の柔軟性はプロで活躍するポテンシャルを秘めているのでしょう。

スポンサードリンク

田嶋大樹選手の投球フォーム動画まとめ

ここからは、田嶋選手の投球フォームの動画をご用意しましたので是非ご覧ください。

高校時代

社会人野球時代


まとめ

今回、2017年ドラフト上位確実と言われている田嶋大樹投手について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。社会人出身とはいえ高校卒業後すぐの入社でしたので若干20歳です。プロ入り後もまだまだ成長するポテンシャルも秘めています。すでに完成した投球術を持地ながらも日本を背負って立つ能力を持つ田嶋大樹投手から目が離せません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 野球バカ.com , 2017 All Rights Reserved.