2017/07/26

2017年FA権取得が予想される注目選手は誰だ?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

毎年オフシーズンに注目されるのがFA権を取得した選手の動向です。2016年は5選手が移籍する結果となりました。2017年もシーズンが始まったばかりですがすでにFA権を取得する選手の動向が気にされています。試合結果だけでなく、自分の好きなチームや選手の動向気になりますよね。2016年に移籍した選手の1ヶ月の結果は?2017年国内FA権の取得が予想される注目選手はどんな選手がいるのでしょうか?

 


FA権とはどういうもの?取得するための条件は?

FA権の取得とは球団の意向に関係なく個人で移籍交渉が出来るようになる制度のことです。日本球界では複数年の1軍登録歴によって取得することが出来ます。1993年から導入され2003年、2008年と改正が行われています。

2008年(2007年ドラフト)以降の入団選手は高卒選手であれば8シーズン(通算1160日)、大卒・社会人卒選手であれば7シーズン(通算1015日)を経過した時点で取得できるようになります。また1度FA権を行使した選手は最短で4シーズンで再取得できます。

 

2016年に国内移籍した選手の4月の成績は?

2016年FA権を行使し移籍した選手は5名います。糸井嘉男外野手は大注目の中阪神へと移籍しました。また巨人はFA権を取得した3選手を獲得し大補強と話題になりました。注目された5選手はシーズンが開幕した1ヶ月どのような結果を残したのでしょうか?

<糸井 嘉男外野手> オリックス⇒阪神

25試合出場 91打数 30安打 打率.330 本塁打4 打点15 盗塁3

<岸 孝之投手> 西武⇒楽天

3試合登板 1勝0敗 投球回数19 防御率2.37

<森福 允彦投手> ソフトバンク⇒巨人

7試合登板 0勝2敗 投球回数6回2/3 3HP 防御率5.4

<山口 俊投手> 横浜⇒巨人

巨人に加入後1軍登板なし、昨秋からの右肩の違和感により2軍調整中

<陽岱鋼外野手> 日本ハム⇒巨人

巨人に加入後1軍出場なし、下半身のハリにより調整中、4月2軍にて2試合出場

*5月2日時点の結果です

5選手の結果には少し明暗が分かれているような感じですね。しかしまだシーズンも始まったばかりです。移籍先でのこれからの活躍に期待しましょう。


2017年FA権取得が予想される注目選手は?

<投手>

増井 浩俊投手(日本ハム、8年目)

谷本 圭介投手(日本ハム、9年目)

涌井 秀章投手(ロッテ、移籍4年目)

唐川 侑己投手(ロッテ、10年目)

牧田 和久投手(西武、7年目)

<内野手>

中田 翔選手(日本ハム、10年目)

明石 健志選手(ソフトバンク、14年目)

大和選手(阪神、12年目)

<外野手>

岡田 幸文選手(ロッテ、9年目)

秋山 翔吾選手(西武、7年目)

T‐岡田選手(オリックス、12年目)

俊介選手(阪神、8年目)

福留 孝介選手(阪神、移籍4年目)

下園 辰哉選手(横浜、11年目)

秋山選手とT-岡田選手は流出を防ぐためか複数年の契約をしまだ契約年数が残っているので今年の移籍はなさそうですが、今年のシーズンオフにはどんな選手が移籍するのでしょうか?各チームの試合結果や成績も気になりますが、注目選手たちの動向も目が離せませんね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 野球バカ.com , 2017 All Rights Reserved.